マルアイ石灰工業株式会社

  • 前のページへ戻る

カルブリードSⅡ

ゴミ焼却時に発生する酸性排ガス処理用 高反応消石灰

製品の特徴


  1. 従来のJIS特号消石灰に比べ4倍以上の比表面積。

  2. 従来のJIS特号消石灰より60~70%の使用量で、同等の酸性ガス(HCl、SOx)を除去。

  3. 集塵ダストの発生量を低減できるので、ごみ処分場の延命に貢献、処理コストを抑えられる。(集塵ダストは、セメントで固め処理される)

  4. 従来のJIS特号消石灰に比べ流動性が飛躍的に向上。その結果、タンク及び配管内での付着やバグフィルター目詰まりを解消。

用途・使い道

ゴミ焼却場酸性排ガス(HCL、SOx)の処理

詳細データ

種類
高反応消石灰
BET比表面積
50~55㎡/g(代表値)
細孔容積
0.22~0.25㎤/g(代表値)
平均粒子径
7~12μm(代表値)
見掛け比重(ゆるみ)
0.33~0.36(代表値)
荷姿
ジェットパック車 及び フレコン

ラインナップ

用途から探す

  • 農業
  • 製鉄
  • 土木
  • 建材
  • 化学
  • 食品

種類から探す

  • 生石灰
  • 消石灰
  • 石灰石
  • 地盤改良材
  • カルブリードSⅡ高反応消石灰
  • ネオソイル
  • ゾルバリット
  • Sシリーズ
石灰ラインアップ
ページトップへ